日本語フルキーボード For Tablet ヘルプ



ダウンロード&インストール

日本語フルキーボード For Tabletは、Google Playより無料でダウンロードできます。
Android端末からは以下のQRコードを読み取ると便利です。

Google Play未対応機の方はこちらよりダウンロードしてください。

使用する前に

日本語フルキーボード For Tabletを使えるように設定してください。

Android 4.0以降

[設定]→[言語と入力]→[日本語フルキーボード For Tablet]にチェックを入れます。
[設定]→[言語と入力]→[デフォルト]→[日本語フルキーボード For Tablet]を選択します。
これで、日本語フルキーボード For Tabletで入力できる状態になりました。

Android 3.0以降

[設定]→[言語と入力]→[入力方法の設定]→[日本語フルキーボード For Tablet]にチェックを入れます。
[設定]→[言語と入力]→[入力方法の設定]→[現在の入力方法]→[日本語フルキーボード For Tablet]を選択します。
これで、日本語フルキーボード For Tabletで入力できる状態になりました。

Android 2.3以前

[設定]→[地域/言語 & 文字入力]→[日本語フルキーボード For Tablet]にチェックを入れます。
テキストボックスを長押し→[日本語フルキーボード For Tablet]を選択します。
これで、日本語フルキーボード For Tabletで入力できる状態になりました。

キーの高さ変更

[日本語フルキーボード For Tablet 設定]を開き[キーの高さ]を設定してください。

候補の高さ変更

[日本語フルキーボード For Tablet 設定]を開き[候補の高さ]を設定してください。

かな入力

[日本語フルキーボード For Tablet 設定]を開き[キー配列]を設定してください。

ハードキーボード使用時

[日本語フルキーボード For Tablet 設定]を開きハードキーボード関連の設定を行ってください。

キーボード

マッシュ

MASHキーを長押しをすると、マッシュルームと呼ばれる拡張機能を呼び出します。

縮小/拡大

MNキーを押すことでキーボードを拡大縮小ができます。
ハードキーボードを使うときにソフトキーボードを縮小すると便利です。

SHIFTキー

SHIFTの同時押しができます。
1回押しで、次のキーのみSHIFT状態になります。
2回押しで、SHIFTロック状態になります。
SHIFTロックを解除するにはもう一度SHIFTキーを押します。
左上がへこんでいるときはSHIFT状態です。
左上の印が点いているときはSHIFTロックです。

ALTキー

ALTの同時押しができます。
1回押しで、次のキーのみALT状態になります。
2回押しで、ALTロック状態になります。
ALTロックを解除するにはもう一度ALTキーを押します。
左上がへこんでいるときはALT状態です。
左上の印が点いているときはALTロックです。

CTRLキー

CTRLの同時押しができます。
1回押しで、次のキーのみCTRL状態になります。
2回押しで、CTRLロック状態になります。
CTRLロックを解除するにはもう一度CTRLキーを押します。
左上がへこんでいるときはCTRL状態です。
左上の印が点いているときはCTRLロックです。

日本語変換時に使うキー

基本的に、多くのPC用IMEと同じキー操作で使うことができます。

全半

アルファベット入力と日本語入力を切り替えできます。
左上の印が点いているときは日本語入力モードです。

スペースキー

ひらがな入力時に日本語変換を行います。
ひらがなをタップしても変換できます。

←/→

文節を選択できます。
設定で、SHIFTありにすることもできます。
文節をタップしても選択できます。

SHIFT+←/SHIFT+→

文節区切りを変更できます。
設定で、SHIFTなしにすることもできます。

↑/↓

選択中の文節の変換候補を選択できます。
変換候補をタップしても選択できます。

無変/F6/F7/F8

カタカナ、半角カタカナ、ひらがなに変換できます。


設定項目

ユーザーインターフェース - キーの高さ

キーボードのキーの高さを変更できます。

ユーザーインターフェース - 拡張キーボード

キーボードが1列増えてESC,F1〜F12,HOME,END,PageUp,PageDown,DELが追加されます。

ユーザーインターフェース - バイブレーション

バイブレーションの強さを選択できます。
0ならバイブレーションなしです。

ユーザーインターフェース - キー操作音

キー操作時に操作音を鳴らします。

ユーザーインターフェース - 候補の高さ

候補エリアの高さを選択できます。

ユーザーインターフェース - 常に候補を表示

候補エリアを常に候補を表示します。

ユーザーインターフェース - キー配列

キー配列を、日本語キーボード、米国キーボード、かなキーボードから選択できます。

変換エンジン - 変換エンジンを選択

日本語変換エンジンを選択できます。

変換エンジン - 予測

予測変換をします。

変換エンジン - 文節移動

文節の選択の動作を、SHIFTありかなしか選択できます。
文節区切りの変更は、その逆となります。

OpenWnn - 学習させる

OpenWnnを使用しているとき学習されます。

OpenWnn - 辞書編集

OpenWnnエンジンのユーザー辞書の単語登録ができます。

Webベースエンジン - 接続できない時はOpenWnnを使う

オフライン状態などでエンジンサーバーに接続できなかったとき、OpenWnnを使うようにします。

Webベースエンジン - 接続を再試行する回数

エンジンサーバーへの通信エラー時のリトライ回数を変更します。

Webベースエンジン - タイムアウト時間

エンジンサーバーへの通信タイムアウト時間を変更します。

ハードキーボード - ハードキー配列

外部日本語キーボードを利用する場合、キーマップが米国キーボードとして扱われる問題を解決します。
逆に米国キーボードを利用する場合、キーマップが日本語キーボードとして扱われる問題を解決します。

ハードキーボード - SHIFT+SPACEを半角/全角に割り当てる

半角/全角キーや文字キーがないキーボードを使う際はチェックを入れると、SHIFT+SPACEが文字キーとして扱われます。

ハードキーボード - 半角/全角キーの設定

ハードキーボードで半角/全角キーや文字キーが効かないとき、キーの設定を変更できます。

ハードキーボード - マッシュキーの設定

ハードキーボードでマッシュキーが使いたいとき、キーを割り当てることができます。

ハードキーボード - 無変換キーの設定

ハードキーボードで無変換キーが使いたいとき、キーを割り当てることができます。

追加オプション - 広告非表示

有料で変換候補エリアの広告を非表示にできます。


便利な使い方

範囲選択

SHIFT+←/SHIFT+→で、範囲選択できます。

切り取り/コピー/貼り付け

(Android 3.0以上のみ)
CTRL+Cでコピー、CTRL+Xで切り取り、CTRL+Vで貼り付けができます。

Comments